「ほっ」と。キャンペーン

上を向いて歩こう

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2種だけの45F

オーストラリアン・クローバ と ロタラsp.ヴェルディキラリス だけの45F。
7月16日時点では、まだまだでしたが、
c0087937_2258825.jpg

約3か月でここまで育ってくれました。
c0087937_2302423.jpg

c0087937_22591480.jpg

本当はもう2種類くらいでまとめたかったのですが、両種ともすごい勢いで育ってしまい、
新たに植える場所がなくなってしまったというのが正直なところ。
昨日、スモールアクアリュームさんでグリーンネオン10匹購入。
まだ茂みに隠れてることが多いですが、たまに泳いでる姿を見ると、
アクアやっててよかったなと思います。

ここ最近、毎日のように体重計にのっています。
久し振りに51キロ突破。順調そのものです。目指せ60キロと張り切っている自分がいます。
蟠りがなくなると、今まで我慢していた分、やりたいことが次から次へと浮かんできます。
さて、何から始めようなか。
[PR]
by play-ist | 2008-10-23 23:07

感謝の気持ち

初めて隈病院に行ってから2週間。
メルカゾール(朝食後3錠)、ヨウ化カリウム丸(朝食後1錠)、インデラル錠(毎食後1錠)の内服を続けてきました。

検査結果は、
FT4(平均0.7-1.6)   3.92→3.61
FT3(平均1.7-3.7)   26.85→8.38
TSH(平均0.3-5.0)   0.003→未測定

FT4はそれほど変化はありませんでしたが、FT3は1/3まで減りました。
精神的に楽になったのもありますが、数値から見ても順調に回復しているようです。

今日診てもらった人は、内科部長 窪田 純久さん。初めてお会いしましたが、誠実な方で安心できました。
隈病院にしてよかったと思う所は2点。
・病名告知の徹底
・患者による医師の選択

病名の告知については賛否両論だと思いますが、私の場合は、はっきり告知されなかった期間が5年もありましたので、
きちんと告知してくれることで、現実として受け入れることができました。
裏を返せば、病名がきちんと分かる医師がいると言うことです。
2つ目は、患者による医師の選択。これ、当たり前と言えば当たり前なんですが、
病院によっては、担当医を変えにくい雰囲気がある所もありましたで、ごく普通に医師を選択できることは良い点だと思います。

自分は、色々な人に助けてもらいながら生きているんだなと・・・とシンミリした一日でした。
[PR]
by play-ist | 2008-10-20 20:41

水辺の木漏れ日

9月13日、「ネイチャーアクアリウム・パーティー2008」が開催された。
新潟での開催であれば参加したいと思っていたけれども、去年に続き東京国際フォーラム。
会場の音声が聞き取れるかどうかが不安だったし、立食も苦手だったので、今回は不参加。

初めてコンテストに応募した作品。
アクアを初めて2年足らずの私が上位に行くのはやっぱり難しかった。
結果は、6・・
ここまで悪いと正直思っていなかったので、結構凹んだ。
なにやってんだろ。。。みたいな気持ちになって、アクアをやめようとも思った。

けれども吹っ切れたというか、この作品に費やした自分の気持ち、情熱なんて、
赤の他人に分かってもらう必要もないと思った。
水槽を立ち上げてから、たくさんの人にアドバイスを頂き、結果、「いい作品だと思う」
と言ってもらえた。そんなありがたいことない。
来年もこの人たちに褒めてもらえる作品を作ろうと思う。

作品タイトル 「水辺の木漏れ日」
c0087937_1524239.jpg

水草
Echinodorus tenellus エキノドルス・テネルス
Anubias nana pettie アヌビアス ナナプチ
Microsorium sp. cf. pteropus ミクロソリウム・ナローリーフ
Hydrocotyle verticillata ミニマッシュルーム(ハイドロコタイル・ベルチクラータ)
Rotala rotundiforia "Green" グリーンロタラ
Rotala indica ロタラ・インディカ
Micranthemum umbrosum ラージ・パールグラス
Hemianthus micranthemoides パール・グラス
Rotala nanjean ロタラ・ナンセアン
Fantinalis antipyretica ウイローモス
クリプトコリネ・ウェンティグリーン ゲッコー


Moenkhausia pittieri ダイヤモンドテトラ
Paracheirodon innesi ネオンテトラ
Hyphessobrycon sweglesi レッドファントムテトラ
Hyphessobrycon pulchripinnis レモンテトラ
Thayeria boehlkei ペンギンテトラ
サイアミーズフライングフォックス

その他の生物
ヤマトヌマエビ
[PR]
by play-ist | 2008-10-10 21:30

軽くなった

病名がはっきりしてから3日。
気持ち的に軽くなったのがはっきり分かります。
しんどかった時は、周りも、自分にも「何故か分からないけどしんどい。。。」
みたいな言い方しかできなかった。

けど今は、「こういう病気だからしんどいんです」とはっきり言える。
そう言えるだけで全然違うことがよく分かった。
会社の人間も、「あんまり無理すんなよ、有給とってもいいし」みたいなことを言ってくれた。

一番大きく変わったと思うのは、昨日までのことを全てチャラにできるような感覚になっていること。
大学院を卒業しているくせに、まともな資格一つもなくて。けど、仕事で精一杯の部分があった。
いつから発病していたかは分からないけれども、「しんどい、しんどい」と言ってた自分は、
怠けていたわけではなく、病気と相談しながら歩いてたんだと。
そう考えれば、「ホントに自分はこれからだ。見返してやる」って気持ちが持てる。

僕は医者が苦手だった。それはただ単に、まともな医者に出会えていなかっただけ。
けど、今の主治医・秘書の方は、自分の生き方をやり直すチャンスをくれた。
今、しんどい思いをしている人は、強がることなく、助けを求めてみたらいいと思う。
いくつかの病院に行かなければいけないかもしれない、無駄なお金を払うことになるかも知れない。
けれども、一度きりの人生。
一度自分に問いかけてみたらいいと思う。
今のままで幸せになれるのか。納得いく人生になるのか。
目先のこと考えず、少し先を見てみたらいいと思う。
失敗したって、自分がやってみたいと思っていたことならそれでいいじゃない。
再就職が大変な世の中。けど、それを第一に考えてしまったら、現状維持のまま。。
今を変えたいなら、一歩踏み出すしかない。
とても勇気がいること、けど、深入りしているだけで、結構上手く行ったりするかも。

好きなことを仕事にしよう。
夜中には本当にそうしている人はいるんから。
仕事が楽しくて楽しくて仕方ない人間。
そんな人に憧れるなら、好きなことを思い切りやってみよう。

以上、自分へのエールでした・・・・^^:
[PR]
by play-ist | 2008-10-09 21:43

バセドウ病

今日、朝から神戸市ある隈病院に行ってきました。
8時半到着を目標にしていたのですが、方向音痴のため道に迷い、病院とは逆方向の歩いていましたので、大遅刻。
隈病院は、全国に3つしかない甲状腺専門病院。予約も3か月前からということで、
平日にも関わらずたくさんの方が来られていました。

徹底的に検査して下さいと言ったお陰で、全て終わらせるのに5時間ほどかかりました。
その結果、重度の「バセドウ病」でした。
僕自身まだ内容を理解できていませんが、簡単に言うと、新陳代謝が活発になりすぎ、
常に走っているような状態。
自分のホルモンが、常に運動するように命令しているような状態だと思います。

自分で勝手に解釈しているところがありますが、ずっと走ってるなら、そりゃ疲れるよな・・・
ここまで我慢する人間も珍しいらしい。。。

治療方法は色々あるようですが、とりあえず内科的療法、つまり薬です。
副作用が出る可能性があるとのことで、2週間様子を見るようです。
問題なければそのまま続行。薬を中止できる可能性は2年で30%。
普通だと約3年薬を飲み続けなければならないようです。
これまた長い話ですが、体調不良の原因が分かり、対処方法が見つかっただけでも
かなりの前進です。
上手くいけばいいのにな。今はそう願うしかありません。

(本日の結果)
FT4 3.92(平均0.7-1.6)
FT3 26.85(平均1.7-3.7)
TSH 0.003(平均0.3-5.0)
[PR]
by play-ist | 2008-10-07 19:41

甲状腺機能亢進症

ご無沙汰しています。
体調が優れず、約一か月ぶりの更新です。
本日、土曜日の代休をもらい、伊丹病院の外来に行ってきました。

検査の結果。「甲状腺機能亢進症」と分かりました。
動悸、体重減少、手指のふるえ、疲労感などの自覚症状が全て当てはまり、
今まで原因が分からなかった苦しみを治せるかもしれないということでした。

明日、休みをもらって専門病院に行ってきます。
改めて思うことは、自分の人生を変えてくれる人がいると言うこと。
チャンスを手に入れたので、あとは自分がどれだけ努力するか。
もう一度頑張ってみようと思います。

(前回のコメントに対する返事を書けず申し訳ありません。)
[PR]
by play-ist | 2008-10-06 18:24