上を向いて歩こう

うまくいかない。。。

アクアジャーナルを読みました。
「レイアウトのバランスを支える黄金比」という記事がありました。
建築をやっていると学生の頃も含めて「黄金比」という言葉をよく耳にします。
パルテノン神殿、ピラミッド、桂離宮など、美しいものは黄金比が使われている!?
確かに黄金比というのがそれなりに整った形だとは思います。けれども・・・
「黄金比を数値で表すと、それは約1 : 1.618で、切りの良い数字にすると2:3に近いと言える。」
こんなことが書いてありましたが、、、
いやいや・・・切りの良い数字って・・・「2:3」は黄金比ではありませんから・・・。
なんて一人突っ込んでいた私です^^:

オフ会でも話題になったネイチャーアクアリウム・パーティーですが、ADAのHPを見ると、
東京国際フォーラムで開催されるようですね。
東京なら車もありだと思いますので、是非参加したいですね^^(4人乗りですが^^:)。

c0087937_196761.jpg

30cm水槽ですが立ち上げてから2週間経過。立ち上げ前のフィルターをそのまま使用していましたので、
トラブルも少ないだろうと思っていましたが、、アオミドロが発生している状態。。
やはり立ち上げてから一週間は水換えを続けなければいけませんね。。
キューバ・パールグラスは順調とまでは言えませんが、それなりに育ってくれています。
c0087937_1963999.jpg

キューバ・パールグラスの育て方、ZERO-AQUAさんに伺いすることが一番だと思いましたが、
自分で調べる努力もしなきゃいけません。。
高光量、比較的多めのCO2、そしてある程度の硬度。この3つがポイントみたいですね。
今の環境を考えると整っているほうだと思いますので、あとは努力。。ですね(笑)
c0087937_1973163.jpg

レイアウトコンテストまであと3か月程ですが、90Pなかなか上手く行きません。
前よりは良くなったとは思うのですが、左手前がやっぱり・・・^^:
一つの水槽を、一つのテーマにすることは、欲張りな私には難しい。。
今日は石を配置してみました。実はこの石、龍安寺の石庭を参考にしたものなんです(つもり・・)。
c0087937_19171052.jpg

「石庭といえば龍安寺」と言われるほど有名な庭。15個の石と砂だけで造られ、樹木は一本も植えられていません。
東洋では15という数字が「完全」という意味だそうです(十五夜など)。
この石庭には色々な伝説があるようですね。九山八海(中国の五岳の庭)、虎の子渡し、カシオペア座、黄金分割
などなど・・・。その中で私が一番気になるのが、「七・五・三」。
七五三というめでたい数字で構成されているのは大徳寺・妙心寺などありますが、
龍安寺の場合は、東(左)から5・2・3・2・3の組み合わせ。これが五組の組合せによる七五三だと言われているです。
日本では1の桁の1と9(苦)を除き、中の七五三を瑞と定め祝儀に用いてきました。茶の湯、生け花、
そして石組や庭木等の配置にも応用されていますよね。

とまあ、言葉では簡単に言えるのですが、実際にやってみると・・・
c0087937_1911554.jpg

化粧部分が狭すぎて十五個なんて無理でした^^:
c0087937_19115427.jpg

まあ、結果はどうでもよく、こうやって色々考えながらやるのは楽しいものです。
アクアをされているとき、皆さんはどんなこと考えながらやっていますか?
(90P左手前、この状態で水草を配置するならどうしますか?)

(クロ)
c0087937_1914497.jpg

もうすぐクロも幼稚園に行く年頃ですね。
c0087937_19145592.jpg

ああ、何とも言えない顔しています。。。(泣)

(追加)
これでいいですか?会長殿!!ダメだしお願い致します^^
c0087937_2234264.jpg

[PR]
by play-ist | 2008-02-17 19:19